事故車の買取と修理などの損失

事故車をそのまま買取りに出すときには、業者が中古車として販売する前に修理やメンテナンスを行うため、損失が生じます。

そのため、事故車の買取というのはどこの業者でも行っているというものではありませんし、買い取るときにはこれらの費用が買取り金額から差し引かれるようになっており、あまり高い金額にならないこともあります。

また、修理をしても動く可能性がほとんどない事故車の場合には、分解してパーツや素材などを使いまわすことがあります。この場合には、故障の程度などはそれほど重要視されないものの、車両を買い取る場合とは違ってかなり金額が安くなりますので注意しましょう。

ただ、廃車に出すしかないと思われていた車であっても、業者負担で出張見積や引き上げなどを行い、廃車に関する手続きや費用負担がなくなるなどのメリットがありますので、事故車を買い取ってくれる業者が見つかったときにはそちらで依頼したほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing