事故車査定にありがちなトラブル

車はオーナーが複数になるほど、事故・修復歴がよくわからなくなるものです。見た目には問題がないので、事故車だと知らずに売却してしまう方は実際にいます。

そうした場合、もし査定後に減額要求をされても応じる必要はありません。査定時は問題なかったけど、業者が店舗に持ち帰ってから不具合に気づくというトラブルは実際にあります。

こうした場合は売り手に責任はないので、減額や契約解除に応じる必要はないのです。

もちろんキャンセル料を支払う必要もありません。ただし、事故車であることを隠して売却するのは売り手に責任があります。

フレームなどの走行に関わる部分に損傷があっても、外部からはわからないことも多々あります。どうせバレないだろうと事故車であることを隠して売却してあとから発覚した場合は売り手の責任となります。

申告する必要がないのは、キズや凹みなどの修理です。

事故の種類によっても事故車に該当するかどうか変わってくるので、業者に詳しく伝えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing