防炎でありながら洗濯も可能!

一般的に防炎効果は洗濯によって失われていきます。それに対して防炎シアリエステルののれんは、従来よりもはるかに高い耐久性があるのです。

防炎加工

使用される環境によって異なりますが、5回までなら効果を保持できると認められています。試験を受けて合格しているため、エビデンスを重要視する人も納得でしょう。
ですから、火災などのトラブルを警戒したい場合、こちらを購入することが有効な対策になります。

汚れたときに洗濯が可能という点から、なるべく長期的に利用していきたい人にもぴったりです。もちろん、通常ののれんとしての機能も素晴らしいレベルです。全体に張りがあるので見栄えが良く、風合いに関しても爽やかなテストを実現できます。全体的に軽やかな印象を与えるため、目にした人に好感を抱いてもらえる可能性が高いです。

 

手触りにも定評はありますが、やはり見た目の美しさが最大のセールスポイントです。
生地はしっかり詰まっているタイプは、インクジェットプリンタを使ったときに高い再現性を誇ります。のれんの透け感に重点を置くタイプも、特に色数などの制限はありません。したがって、店舗の雰囲気や自分の好みに合わせるのが基本となっています。

理想的な色味を巧みに再現!

グラデーションをうまく再現

のれんの制作において、写真のグラデーションをうまく再現できることもポイントです。ぼかしを取り入れるケースは昔から多いですが、綺麗といえるレベルで段階的な変化は付与できません。その常識にとらわれず、こまやかな色調の移り変わりも見事に表現しています。

これが可能になったのは色に関する制約が少ないからです。フルカラーのインクジェットプリントを使えるため、出版物を作成する感覚でスムーズに作れます。そう言われると、プリント後に生地が硬くなりそうだと心配する人もいます。インクが固まるイメージが強いと、そのような懸念をするのは仕方がないことです。

しかし、実際には柔らかいテイストが維持されるので、のれんとして機能性が失われる心配はありません。1億にも及ぶ色の組み合わせから、理想的なカラーリングを施せる点が大きな強みです。のれんにインクを吹き付けていく方式を採用しているため、タッチの柔らかさが保たれます。

すなわち、素材の良さと印刷技術の両方が、色味の巧みな再現を支えているというわけです。誤差と呼べる範囲で違いが出ることはありえますが、おおむね満足できるクオリティに仕上げてもらえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)