安易に頼んで失敗したという人も

最近では何でもインターネットでできるようになったことから、
のれんの製作もインターネットで簡単に注文することが可能です。

そのため、のれんを作りたいと考えてはいるもののなかなか
打ち合わせをしている時間が取れないという場合に、24時間
いつでも注文できるインターネットサイトで注文するケース
が少なくありません。

インターネットで注文

ショップとはメールやお問い合わせフォームなどでこまめに
連絡を取り合うことができるし、値段も安いという点から
お得に注文できたと喜んでいたら、届いたのれんを見て絶句
ということがしばしばです。

想像していたような色合いではなく、素材もペラペラで
いかにも安っぽいものが届いたとしても、事前に素材を
見たり触ったりして検討する手間を省いただけにどうする
こともできません。

そんなネットショップで頼んで失敗したという人が
京都のれん株式会社に依頼して再度作り直した結果、
京都のれん株式会社さんに頼んでよかったという声につながっています。

ネットショップとの違いとは

京都のれん株式会社さんに頼んでよかったという人のほとんどが
その親身な対応に感激し、安心感を抱いています。

のれんとは店の顔であり、長い年月にわたって守られていくもので
あるということを知っているからこそ、どのようなのれんを作りたい
かという相談に長い時間をかけるのが、京都のれん株式会社が大事
にしているところです。

親身になってくれる

いったん出来上がってしまえば修正することは不可能といっていいだけ
あって、製作に着手する前に丹念に希望を聞いていきます。

色やデザインだけでなくどのような思いを込めて作るのかまで
尋ねることから、依頼人以上に親身になって考えてくれるという
評判につながるのかもしれません。

ネットショップでの注文で懲りた人なら時間を作って京都のれん株式会社まで
出向くでしょうし、出向けばどんな素材があるかや、出来上がりの色合いも
見せてもらえます。

出来上がったものを見て大いに満足する人が多いのは、職人が
こだわりを持って丁寧に仕上げる職人技にあるのは確かです。

暖簾が好きという方なら、素材やデザイン・サイズなどに
こだわった選び方をしているでしょう。

しかし、大手デパートや専門店で品定めをしてみても
なかなか希望のものが見つけられないということも
ありがちなのではないでしょうか。

京都のれんなら、そのような方でも満足の行きやすい商品を見つけることができます。

なぜならば、絵師が一枚一枚オリジナルで製作しているので
深い味わいを堪能できるからです。

深い味わい

サイズや色・素材も取り扱いが豊富にあり、1点ごとに
それぞれ特徴のある商品ばかりですので、暖簾を愛する人にも
好きな商品にめぐり合うようになります。

伝統的な和の色合いを活かした無地の商品もありますし、
梟やいのしし・鯉などのおめでたいデザインのものもあるので、
納得のいく選び方ができるのも魅力です。

好きに選べる

また、設置する場所によって暖簾の幅を決めると、縦の長さは
お好みで調整してもらうこともできるので、どのようなスペースに
設置するのにも探し物が見つけやすくなります。

目隠しをしっかりしたい時には長いものを、風通しを良くしたい時には
やや短めのものをオーダーすることもできるので、希望のものを入手できる
魅力溢れるのが京都のれんならではの特徴です。

なかなか好きなのれんが見つからないという方は、京都のれんの
ホームページから閲覧してみるのもおすすめです。

掲載されている商品だけでは見つからなかったという方は、
無料でもらえるカタログを請求しても良いでしょう。

のれんはお店の名前を掲げたり、店のおすすめ商品を
アピールするためのものです。

ですので、必然的にお客様の目につきやすいところに
置くことになります。

店の入り口など低い場所にのれんを設置する場合は、
お客様が実際に手で払って入ったり、そのまま頭を少し下げて
潜って店に入ることになります。

また、お店に入店するお客様だけでなく、店の前を通った
お客様の目に入る機会があります。

このようにのれんは多くの方の目に止まるだけでなく、
手で触ったり、頭や頬などいろんな箇所で触れる機会のある布です。

そのため、お店のPRに効果的に使うためにはお客様にいい印象を
持たれるようにデザインや風合いにこだわって制作したいところです。

お店を印象付けるためには文字のフォントなどといった
デザインに気を使うことも大切ですが、良い生地を選ぶことも
素敵なのれんを作るためのポイントです。生地見本

のれんに使用できる布にはたくさんの種類があります。

手触りもざらつきのあるものやでこぼこしたもの、
逆にサラサラした生地もあります。

このような生地の性質は生地のカタログやネットの画面では
わかりづらく、イメージ通りの製品を作る障害になります。

また、のれんは外にかけることも多いため、実際にかける場所の
日当たりなどによって色のイメージが変化します。

実物理想の商品を手に入れるためにも
生地選びの際には生地見本で
生地の風合いを確かめ、実際に
かける場所での色合いを確認した上で
決めるのが良いでしょう。

しかしながら、業者の中には
生地見本が有料の会社も少なくありません。

見本が有料になると、複数の生地を比較するのにもコストがかかり、
つい生地見本の種類を少なくして費用を抑えようとしてしまいます。

ですが、理想の色・質感を追求するためにも色々な生地を
比較した方が良いのは確かです。

生地のわずかな違いを比較したい方や、生地に迷っている方などは
無料で生地見本を提供してもらえる業者を選ぶのも1つの方法です。

のれんの作成を依頼する業者を選ぶときは、
できるだけ安いところが良いと考えがちです。

しかし基本料金しかチェックしていないと、
最終的な支払額は高額になってしまう恐れがあります。

なぜならスムーズに完成せずに、デザインができあがった後でも
集成を繰り返すケースが多いからです。

そのたびに料金が加算されていき、元の金額の倍以上に
膨れ上がってもおかしくありません。

そのため業者選びのポイントになるのは、修正にかかる料金を
チェックしておくことです。

ホームページ等に掲載されていない場合は、面倒かもしれませんが
問い合わせた方が良いでしょう。

おすすめなのは、何度でも無料で対応してくれる業者です。
一度で満足するデザインが仕上がらないケースは珍しくありません。

色や書体などを見て、自分のイメージと違っていたら
我慢しないことが大切です。安いコストで

のれんは店舗の顔ともいえる存在なので、妥協せずに
修正を依頼するスタンスで臨むのが理想といえます。

サイズを大きく変更したいと感じた場合なども、
遠慮せずに素直に伝えた方が良いです。

業者としても今後のビジネスにつながるので、
多くの場合は快く引き受けてくれます。

一度作成を任せてもらえば、のれんは消耗品であるため
継続的に受注できることを見込めるからです。

そのため、無料で何度でも対応してくれるケースも
珍しくありません。

ただしデザインをしてもらった後は、キャンセルは
受け付けてもらえないと考えておいた方が良いです。

つまり、いったん依頼したからには修正を繰り返してでも、
理想的なのれんを仕上げてもらおうとする決意が大切です。相談しやすい

最初のうちは自分の中でコンセプトがあいまいな場合も
あるでしょう。提示されたデザインを見ることで、
コンセプトが固まっていくケースもあると考えられます。

つまりコンセプトとデザインが相互に作用しながら、
のれんの完成形に近づいていくこともあり得ます。

そのような事態も想定して、無料で何度でも修正可能な
業者を選ぶのがおすすめです。