暖簾と言えば日本古来からある伝統の製品であり、当初は寒さを防ぐためのものだったと伝えられています。

現代においては部屋の境目に設置して目隠しにしたり、装飾を目的としたりなどさまざまな用途で用いられ
ています。

加えて暖簾を窓辺に吊るすことで、日除けアイテムとしても利用できるのが魅力の1つです。
厚手のものはもちろん、一見薄手で遮光性が低そうに見える生地であっても日差し対策になります。

年々温暖化が進み、夏の暑さが厳しくなりつつある中でこういった日除け対策は非常に有効です。
日によって温められたガラスの熱が、室内に入ることで空調の効き目が悪くなります。

しかし日差しを暖簾によってカットすることにより、部屋の温度が上昇するのを防げるという訳です。
同様に飾りとしての役割を果たすタペストリーも日差しをカットして、夏の室温上昇を抑えることが
できます。

さらに日差し対策に暖簾を使うメリットとして挙げられるのが、お部屋が華やかになるという点です。
お気に入りの柄・素材のものを窓辺や部屋に吊るせば、空調の効率を上げられるだけでなくインテリアの
効果も高くなります。家具やお部屋のテイストとマッチした、お気に入りのものを見つけましょう。

直射日光を避ける日よけのれん

 

綿の生地を使った暖簾を使えばお部屋が柔らかい印象に

暖簾の生地には多種多様な素材が用いられており、その種類によって印象はさまざまです。

使われている素材は綿・麻といった天然素材、ポリエステルをはじめとした化学繊維の2つに大別されます。
質感が良く、見た目や肌触りが好まれるのは天然素材が多い傾向にあります。

同じ天然素材でも綿素材は、麻よりも柔らかな印象でありなおかつきめが細かいです。
ひとくちに綿といっても実に多彩な種類が存在しており、一般的な材である天竺や横向きに筋が通って
光沢のあるシャンタン、綾織にされた生地である葛城や厚手の舞布など枚挙に暇がありません。

のれん綿素材

 

その上、柄や色味も合わせれば本当に膨大な選択肢があると言えます。
ぜひ実店舗に出かけて、実際に手に取ってみながらそのルックスや質感、
肌触りなどを確認しつつ選ぶと良いでしょう。

そんな綿素材を生地にした暖簾を、間仕切りに使用することでお部屋の印象を
柔らかくすることが可能です。

 

和の柄にすれば、ほっと落ち着く雰囲気を空間に演出することができます。もちろん色味も藍色や深緑など
ダークカラーにすることでリラックスした空間に、寝室やリビングに薄紫や水色・アイボリーホワイトなど
淡い色のものを垂らせば目に優しく癒しの空間に変身します。

アメリカ風のインテリアは人気が高いですが、ブルックリンスタイルもその1つだと言えます。
コンクリートやレンガ、タイルや無垢古材などが使用されていることが多く、ヴィンテージな雰囲気を演出したいと考えている人から支持されているスタイルです。

実はこのようなインテリアにも暖簾を活用することができます。
暖簾に対して和のイメージを持っている人は多いですが、今では幅広いデザインの製品から選ぶことが可能です。
そのため、アメリカで見られるようなおしゃれな部屋を再現したいときにも、暖簾を活用することができます。

のれんでオシャレに演出

もちろん、選び方には注意しておく必要があります。
ただコンクリートやレンガに近い色合いを選ぶだけでは、期待した雰囲気を演出することが難しくなるはずです。

それぞれの素材を模したデザインが取り入れられているもの、ヴィンテージ風に加工されたものなどがあるので、一工夫が感じられるようなものを選ぶことが大切だと言えます。

こうした選び方をするのであれば、暖簾を使って素敵なブルックリンスタイルの部屋を完成させることができるでしょう。いくつかの種類を組み合わせることもできるので、場所ごとにデザインや色合いを変えてもおしゃれです。

今までにはない部屋づくりができる

暖簾をプラスするのであれば、今までにはない部屋づくりを実現することができます。昔は家庭やお店で使われることが多かったアイテムですが、時代が移り変わるとともに使用する人が減っていきました。

何となく和のイメージが強いアイテムであることから、暖簾が使えると気づいていない人が多いと言えますが、実際には西洋風スタイルにも柔軟に取り入れることができます。

洋風ののれん

もしも、アメリカンなインテリアを実現するために暖簾を用いるのであれば、これまでとは全く違った見た目の空間に仕上げられるはずです。
キッチンとダイニングの間、ダイニングとリビングの間、トイレに繋がる廊下などに設置すれば、おしゃれかつ実用的なインテリアにすることができます。

好みのスタイルに仕上げるときには家具や壁紙、小物や床材を工夫する人が多いため、暖簾による工夫が取り入れられた空間は新感覚だと言えるでしょう。
まだ部屋づくりに採用している人が少ないため、他の人と差をつけたいと考えている場合にもおすすめです。

新たな工夫を取り入れた空間をつくりたいと考えているのであれば、アメリカンな雰囲気を感じることができる暖簾を積極的に採用してみてください。

kyotonoren.shop-pro.jpはのれんを販売しているサービスであり、簡単に利用することができます。

公式ホームページの気になる商品をクリックすれば詳細ページを表示させることができ、内容を確認した上で購入したいと感じた場合は数量を選択してカートに入れることが可能です。

同じような手順で他の製品もカートに追加し、必要なものを全て追加することができたらレジに進んで個人情報の入力や支払い方法の選択を行うことができます。

とても分かりやすいページとなっており、インターネットを利用して買い物をする機会が少ない人でも安心して利用できます。

簡単に購入できるのれん

のれんを簡単購入することができるので、外に出ることなく手に入れたい場合や、身近な場所にあるお店では良いのれんが見つからなかったときにも積極的に利用することがおすすめです。

簡単購入できる仕組みになっていますが、ご利用ガイドも設けられていますし、購入段階になると入力項目や確認事項の指示があるので躓くことなく利用できるでしょう。

のれんを購入したいという場合は、豊富なラインナップから簡単に好きな商品を購入できるこのサービスを利用することがおすすめです。

見られたくない場所の目隠しにピッタリ

のれんを購入したことがない人は、どのように取り入れると良いのか分からないと感じることもあるかもしれません。

自宅のあらゆる場所に自由に使用することができるアイテムだと言えますが、特におすすめなのはトイレ前に使用することです。

トイレなどの見られたくない場所の前にのれんを設置しておくと、おしゃれに目隠しをすることができるようになります。

トイレをのれんで目隠し

特に昔ながらのつくりの家や開放感のある設計となっている住宅では、トイレが部屋などから丸見えになってしまうことも少なくありません。

家族だけで過ごす場合は気にならないかもしれませんが、目隠しを行っておけば来客があったときにも気にすることなく用を足しやすくなりますし、お客さんがトイレを使用したいときにも利用しやすい、素敵な家だと感じてもらえるようになる可能性が高いと言えます。

素材は好きなものを選ぶことができ、透けやすいものであればやんわりと隠すことができますし、綿のような透けない素材であればしっかりと隠すことが可能です。

目的や好みに合った素材やデザインののれんを購入し、トイレ前に使用することでおしゃれに目隠しを行ってみることがおすすめだと言えるでしょう。

のれんを活用すれば、室内の環境を整えることができます。

まず、あまり見られたくない部分を目隠しすることができます。
リビングとダイニングキッチンが繋がっている家庭は多いですが、
そうすると、リビングにお客さんを招いたときにキッチン用品などが
見えてしまうこともあるでしょう。

部屋の整理に

視界に入れてほしくない場所がある場合は、のれんを目隠しとして使うことができます。
扉がないカラーボックスなどの前部分に取りつけることでも、中身が見えないので
部屋をスッキリと見せることができるでしょう。

他にも、洗面所や脱衣所の中が見えやすい場合などもこれを設置することがおすすめです。

また、それぞれの部屋を区切るために使うこともできます。
子供部屋の勉強スペースと遊びスペースが混ざってしまって
集中が途切れてしまうようであれば、のれんで仕切りを用意することで
整理された部屋で遊んだり勉強したりすることができるようになるはずです。

簡単につけ外しができるので、一時的に区切りたい場合などにも活用することができます。

部屋をスッキリと見せることができるようになるので、
室内環境を整えたいときにはのれんを使ってみるのもおすすめです。

気分を変えることができる

室内でのれんを活用すれば部屋の中を整えられますが、これ以外にも
嬉しい効果を期待することができます。

それは、気持ちを切り替えることができるという効果です。
素敵な部屋であったとしても、毎日変わり映えしなければ
退屈に感じてしまうこともあるでしょう。

そのようなときは、雰囲気を変えるためにのれんをつけてみることがおすすめです。
雑貨などを増やすと部屋がゴチャゴチャすることがありますが、
のれんであればそういった問題も起こりません。

飾りとしての暖簾

近頃は様々な種類のものが販売されているので、部屋の雰囲気を損ねることなく
新鮮さを演出してくれるようなのれんを見つけることができます。

素材は分厚いものからレースやシースルーなどの軽やかなものまでありますし、
色や柄も多種多様です。取り入れ方が難しいと感じる人もいるかもしれませんが、
キッチンのカウンターにシンプルなものをつけてみたり、小さな出窓に
可愛らしいデザインのものをかけたりすることもできます。

キッチンとダイニングの間に突っ張り棒を使って設置することもできますし
ベッド横の天井から垂らせば天蓋つきベッドに寝ているような気分を味わうことができます。

工夫次第であらゆる場所に取り入れることができ、気持ちを切り替えることができるのでおすすめです。